内田歯科医院 HOME > 義歯・入れ歯について

義歯・入れ歯について

義歯・入れ歯って?

・部分入れ歯

部分入れ歯歯が何本か連なって抜けてしまった場合は部分入れ歯を使用します。部分入れ歯は、「床」と呼ばれる土台に人工歯を並べ、支えとする歯(維持歯)にバネで固定する構造です。

・総入れ歯

総入れ歯すべての歯を失ってしまった場合に使用する入れ歯です。すべての歯を人工のものに変えるため多少の違和感はありますが、慣れや定期的なメインテナンスによって緩和することが可能です。

保険適用の入れ歯

・レジン床入れ歯

レジン床入れ歯歯ぐきにあたる部分がプラスチックで出来た入れ歯です。

 

保険適用外の入れ歯

・金属床入れ歯

金属床入れ歯金属床入れ歯は値段は少々かかりますが薄く作ることができるため、違和感が少なくなります。また、熱を伝えやすく、食べ物を美味しく食べることができます。

・治療用入れ歯

当医院では、特別な「治療用入れ歯法」で対応しています。何歳になっても、食事は楽しく食べたいものです。
歯をすべて失いますと顎の骨もなくなり、総入れ歯(総入れ歯)で簡単になんでも食べるのは実は結構難しいことなのです。

しかし、適正な入れ歯を作ってもらえば十分においしく食べられるのも事実です。
そこで、当医院ではトレーニング用入れ歯を使用して最終入れ歯を完成させる方法を行っています。
作製には従来の方法より、時間も少々かかりますが、満足のゆく結果が得られると思っています。
また、この方法は保険対応ではありませんので、ケースによって1組20万円~ぐらいかかります。

イボカップシステムについて

当院では、イボカップシステムを用いた入れ歯も作成しております。
自費診療ですが、従来の入れ歯よりも「薄く、軽い、変質の少ない」素材であり、「噛みやすさ・食べやすさ」が優れています。

ブリッジって?

ブリッジは、歯が何本か連なって抜けてしまって、部分入れ歯が使用できない場合に使用します。補う部位の両隣の歯を削り、人工歯を被せます。

ブリッジの特徴

  • 被せる人工歯の素材によって保険治療
  • 入れ歯よりもしっかりと噛むことができる
  • 金属のバネがないので、見た目が自然
  • 入れ歯に比べ、違和感が少ない
  • 両隣の健康な歯を削らなければならないというデメリットがある

インプラントって?

インプラントインプラントとは、歯を失ってしまった部位の顎の骨にインプラントという人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を被せて咀嚼機能を回復する治療です。失った歯が1本でもすべての歯でも対応することができます。

インプラントのメリット

  • 自分の歯と同程度の咀嚼力が回復する
  • ブリッジのように健康な歯を削ることがない
  • 見た目は自分の歯のように自然
  • 入れ歯のように取り外す必要がない
  • 入れ歯のような違和感がない

インプラントのデメリット

  • 保険適用外なため、治療費が高額
  • 抜歯程度の外科的手術が伴う
  • 入れ歯やブリッジよりも治療期間が長い